サプライチェーンの健全性と安全性は保たれているか?
懸念組織への接続可能性や、依存度の把握

サプライチェーン
解析ソリューション

事実上の企業の支配者は誰か?
ネットワークを通じた株主支配の把握

株主支配ネットワーク
解析ソリューション

誰がどのような最先端技術を持っているのか?
論文内容・著者・所属組織・人のつながりの把握

最先端技術・研究者ネットワーク
解析ソリューション

企業に求められる経済安全保障対策

 

経済安全保障対策になぜ「AI」が必要か?

 

経済安全保障対策に
なぜ「AI」が必要か?


昨今の米中の覇権争いにより、企業は、米・中・欧州それぞれの規制に応じ、自社にとって最善の事業戦略を策定する必要に迫られています。サプライチェーンにおける調達・人権リスクや、投資を通じた外国資本による支配への対策を講じる上で、最も大切なのは「人の手で取得することが困難な情報についてAIを活用することで全体像を可視化しスピーディに把握する」ことです。



✔ サプライチェーン上の懸念組織への接続可能性や依存度をどのくらい把握できていますか?
✔ ネットワークを通じた株主支配の実態をどこまで理解していますか?
✔ 最先端技術に関する論文の内容・著者・所属組織、人のつながりをどのように認識していますか?



経済安全保障AIソリューションKIBIT Seizu Analysisがあれば、膨大で複雑な情報から、戦略的な意思決定に必要な情報を素早く入手することができます。


昨今の米中の覇権争いにより、企業は、米・中・欧州それぞれの規制に応じ、自社にとって最善の事業戦略を策定する必要に迫られています。サプライチェーンにおける調達・人権リスクや、投資を通じた外国資本による支配への対策を講じる上で、最も大切なのは「人の手で取得することが困難な情報についてAIを活用することで全体像を可視化しスピーディに把握する」ことです。


  • サプライチェーン上の懸念組織への接続可能性や依存度をどのくらい把握できていますか?
  • ネットワークを通じた株主支配の実態をどこまで理解していますか?
  • 最先端技術に関する論文の内容・著者・所属組織、人のつながりをどのように認識していますか?



経済安全保障AIソリューションKIBIT Seizu Analysisがあれば、膨大で複雑な情報から、戦略的な意思決定に必要な情報を素早く入手することができます。

 

ネットワーク上の影響力伝搬やつながりの強さを解析する計算エンジン

最も重要な応用として、 サプライチェーンのチョークポイントを見つける指標Flowや、 株式取得による遠隔支配を見つける指標Power Indexを計算

オープンソースから得られる、極めて膨大で複雑な情報ネットワークを元に物の流れや、影響力の伝搬度合いをAIで解析し、チョークポイントや隠れた支配を発見



オープンソース例

有価証券報告書
IR情報

プレスリリース

論文

特許

SNS

パブリック
コメント

ニュース

経済安全保障勉強会

脱中国で注目が集まるインド。
中国の成長鈍化に対し、インドは2023年までに人口が世界最多となり、実質GDP成長率も6%と高い伸びが続くと予想されています。
モディ政権発足以来、ものづくり国家の実現を目指す「メイク・イン・インディア」構想のもと、既に米・アップル、台湾・鴻海などグローバル企業は、生産拠点をインドへとシフトしています。日本企業でもインドを再評価する動きが加速しており、サプライチェーンの強靭化に向けた検討も一層拡大すると思われます。
本勉強会ではインド外交・安全保障の専門家である防衛大学校人文社会科学群国際関係学科 伊藤 融教授をお招きし、新たな着眼点からインドを読み解き日本企業におけるリスクやポイントを解説いただきます。
また株式会社FRONTEO 経済安全保障室 戦略チーム永田麻紀子より、FRONTEO AI “KIBIT Seizu Analysis”を活用したインド企業のサプライチェーン解析事例についてお話いたします。

BLOG

変わりゆく情勢をキャッチアップ! 経済安全保障AIブログ

  経済安全保障ソリューションを支える専門家