ニュース  

  経済安全保障勉強会  

 
FRONTEOでは、経済安全保障にまつわる様々な分野で活躍する専門家を招いて、定期的に勉強会を開催しています。FRONTEOと一緒に、AIを活用したサプライチェーン分析や株主ネットワーク分析、人脈ネットワーク/最先端技術分析から何が見えてくるか、そして見えてきたことを自社の経営戦略にどう生かしていくかについて勉強しませんか。

  なぜ経済安全保障対策になぜ「AI」が必要か?  

昨今の米中の技術覇権争いにより、企業は、米・中・欧州それぞれの規制に応じ、自社にとって最善の技術戦略・事業戦略を策定する必要に迫られています。また、最先端技術のデュアルユース(軍民両用)や、サプライチェーンにおける人権リスクの有無に対する懸念が高まる中、自社や取引先のサプライチェーンやM&Aにおける買収先の健全性の評価、最先端技術の情報漏えい対策は急務となっており、このような対策を講じる上で、最も大切なのは「人の手で可視化することが困難な情報をAIを活用することで全体像をスピーディに把握する」ことです。
✔ サプライチェーン上の懸念組織への接続可能性や依存度をどのくらい把握できていますか?
✔ ネットワークを通じた株主支配の実態をどこまで理解していますか?
✔ 最先端技術に関する論文の内容・著者・所属組織、人のつながりをどのように認識していますか?

経済安全保障AIソリューションSeizu Analysisがあれば、膨大で複雑な情報から、戦略的な意思決定に必要な情報を素早く入手することができます。

  ビジネス加速のための、戦略的判断を支えるAIの3つの機能  


ネットワーク解析AIエンジン

膨大な情報をLoca(濾過)し、Locate(見つけ出す)+Cross(交差させる)
 
ネットワーク上の影響力伝搬やつながりの強さを分析する計算エンジン
最も重要な応用として、 サプライチェーンのチョークポイントを見つける指標Flowや、 株式取得による遠隔支配を見つける指標Power Indexを計算
オープンソースから得られる、極めて膨大で複雑な情報ネットワークを元に物の流れや、影響力の伝搬度合いをAIで解析し、チョークポイントや隠れた支配を発見

オープンソース例
 
有価証券報告書
IR情報
 
プレスリリース
 

論文

 

特許



SNS


パブリック
コメント
 
 

  経済安全保障ソリューションを支える専門家